moon phase info

映画ぶった斬り!

とにかく映画を斬りまくる!ホラーは斬りません、怖いから。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
管理人的オススメ度 ★★★★☆
ちょっと涙      ★★★★☆
ほのぼの      ★★★★★

ずっと見たかった映画です。
やっと見ることが出来ました。
めちゃくちゃ嬉しいです。

<<あらすじ>>
ある嵐の夜に、山羊のメイ(成宮)は仲間とはぐれ山の中の古小屋で嵐が止むのを待っていた。
そんな折にもう一人、その古小屋に逃げ込んでくる者がいた。
二人は相手がどのような者かわからないまま、楽しく話した。
そして二人は約束する。
「あらしのよるに」を合言葉に、また会おうと。
お互いの名前も顔も、種族も知らないままに・・・。

<<ネタバレなし>>
子供の映画だから、そんな期待はしてませんでした。
いや、ずっと見たかったという意味ではめちゃくちゃ期待していたのですよ。
内容というか表現方法?にはあんまし期待してなかったって意味です。
ストーリーは単純明快。
ってここではいえませんね。
子供たちも混乱することなく見られるようになっているし元はといえば絵本ですもんね。
でも私は楽しめました。
あ、私が単純なんですか(´・ω・`)ショボーン
なかなか深いお話ですよ、ストーリーは単純明快なのですけどね。
ホント、アニメは子供のものだけじゃなくなっていますね。

家族連れか、カップルで行くのをオススメします。
野郎同士はやめておいたほうが・・いいと思います(;・∀・)

<<ネタバレあり・注意>>
ないちゃいましたー(;´Д`)ハァ
ストーリーはわかっていたんです。
うちには絵本があるんです。全部のお話の。
ストーリーはわかっていたんです、、が。。
やっぱりアニメにすると全然違いますね。
何気なく読んでいた言葉がずっしりと重かったり・・・

雪山越えるときのガブのセリフに思わず涙してしまいました。
中村獅童めちゃくちゃウメー(;・∀・)
声優じゃないのにこんなにうまいとは・・・本当に驚きました、獅童さんのうまさに。。
あっこは一番ウルっと来た人が多いシーンだったのではないでしょうか。

逆にちょっとガクッと来たのはメイ役の成宮寛貴。
声優じゃないですからしょうがないと言えばそれまでなのですが、ガブ役がうまかっただけに下手さが際立っていました。
やっぱりただ声を出している、って感じで、キャラに「はまり」きっていなかったんですよね。
声が悪いって意味じゃなくて、キャラになりきれてなかったという感じ。声は中世的で子悪魔的でよかったんじゃないですかね。

声の出演と言えば・・
坂東英二が山羊の長老でしたね。
あんましうまくはなかったよね・・普通くらい?
市原悦子はうまかった。
KABAちゃん、おばちゃん山羊かよっ(笑)
流石KABAちゃんだ・・
林家こぶへーは普通。
狼のボスの声よかったなあ。

なんかね、こう・・。
うまい下手にばらつきが大きいんですよ。
それが悪い風に働いて、キャラクターたちの声にまとまりがなくてばらつきが目立ってしまう。
そこが残念でした。
それが★-1の要因。

全体的に見ればかなり良いものだったと思います。
正直、近頃のハリウッド系よりは心にしみるいい映画でありました。
近頃のハリウッド<<<<<<<<超えられない壁<<<<あらしのよるに でした。
勿論アクション映画とかと一緒にしちゃいけないってのはわかってますけど。
くだらねーハリウッドドンパチよか断然オススメです。
カップルか家族連れ、もしくは女の子友達同士でいきましょう。
野郎同士はやめませう。

  ∧_∧ クワッ!
 ∩`iWi´∩ 
 ヽ |m| .ノ
  |. ̄|
  U⌒U
 見ろよなっ
スポンサーサイト
管理人的オススメ度 ★★★☆☆
子役が天才だ    ★★★★★
破壊シーンが派手  ★★★★☆
大阪が強い     ★★★★★

宇宙戦争見てきました。
流石スティーブン・スピルバーグの作品ですね、破壊シーンが派手。
(原爆のイメージをよく生かしていると思う、ヒロシマとかでてきたし。)
しかし、今回の映画はいつもの映画より幾分大人し目。
現実感があるかもしれない(SFだけどさ
オリジナルの『宇宙戦争』から脱線できなかったんだろうね。ゆえに中途半端な部分も多い。

主人公はトム・クルーズ扮するダメパパ・レイ。
別れた奥様との間の子供を二人連れ、異星人の破壊の手から逃げる。兎も角逃げる。
トライポッド鬼強いし。逃げるしかないよね。
ささやかな反撃はするものの『インデペンデンス・デイ』のような過激な反撃はないに等しい。
ここで意見が二分される。

1.反撃しなきゃつまんねーだろが!!
2.うぉぉ逃げてるよ、ドキドキするなぁ~。

私は2のタイプだから、この映画はそこまで嫌いじゃない。
逃げるスリル、隠れるスリル。下手にどんぱちやるより臨場感があっていい!
まぁ、アレですよ。
ドンパチが好きな人はインデペンデス・デイ見ててね♪
だってそういう人が宇宙戦争見たってつまらないよ?
逃げる、のがコンセプトだもん。

これ、嫌いな人のが多いらしいですね。
特にアメリカ人には好かれないみたい。アメリカ人には『インデペンデンス・デイ』タイプのアメリカ人が正義のミカタな映画のが好まれるでしょう。

まぁ私的には悪くなかった、、が。
ラストがしょぼすぎ。
ありえない、これはありえない。
マジがっかりしました。

これから見る人はラストに期待しないで破壊シーンを楽しみましょう。それと天才子役ダコダ・ファニングの演技をね。
トム・クルーズ主演じゃないんじゃないn(ry

おまけ。
大阪人はトライポッドを何体か倒したらしい。
たこ焼きでも投げたんだろうか?
なんで大阪人がトライポッドを倒せたのか、情報求む。
根性あるね大阪人!


管理人的オススメ度 ★★★☆☆
ユアン200%   ★★★★★
単純明快すぎる   ★★★★★
目が疲れる     ★★★☆☆

まぁなんてゆーか。
CM見ちゃったそこの貴方!

それが全て!!


ってくらい単純明快なストーリー。
要は・・・
臓器などを提供するため秘密裏に製造されたクローン人間が、作った人たちの手をかいくぐって逃げるお話。
勿論逃げるまでには色々なストーリーがあるけど結構普通な展開。

クローンの彼らは、産まれた(=作られた)ときから「君らは地球規模の汚染から生き残った人間である」と刷り込まれているのです。
・・・が
その汚染が実在したのかどうか、疑い始めたクローン人間が出てき始める。
そして彼はひょんなことから自分が普通ではないものだと知ります。細かく言えば、見てしまうわけですよ、真実をね。自分たちが臓器を提供するため・・・要は殺されるために作られたってことを。
彼は恋人を連れてその施設から逃げ出します。

・・あとは長くなるので割愛

まぁめっちゃハリウッド映画!って感じの映画でした
可もなく不可もなく。ストーリー単純だし。
・・・コンスタンティンみたいに入り組んでワケワカンネーよりはぜんっぜん楽しめると思う。
面白かったけど(ぇ

ただアクションシーンのテンポが結構早目だしお年寄りの方々は目が疲れてしまうかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。