moon phase info

映画ぶった斬り!

とにかく映画を斬りまくる!ホラーは斬りません、怖いから。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
管理人的オススメ度 ★★★☆☆
現代インディーだ  ★★★★★
素直に楽しい    ★★★★☆
ちょっとお粗末   ★★★★☆


本編131分
主演 ニコラス・ケイジ ジョン・ボイド その他

<あらすじ>
先祖代々ゲイツ一族に伝わってきた、秘密結社フリーメイソンにより守られた秘宝。
その秘宝の謎を解く鍵をついに一族の末裔ベンが発見。だがその鍵はアメリカの独立宣言書の裏に書かれているという。
そこでその事実を知った悪徳スポンサー、イアン(ショーン・ビーン)とベン(ニコラス・ケイジ)の独立宣言書の奪い合いが始まる。

出ました、現代版インディー・ジョーンズ。
インディー・ジョーンズと違う点といえばもっぱら都会が舞台であるというところだろうか(図書館とかね)

「フリーメイソン」や「テンプル騎士団」と耳慣れない言葉が数々登場する。・・が最近『ダヴィンチ・コード』で有名になりつつあるのでご存知の方も多いかもしれない。
でもこれらを知らなくても映画中で若干の説明はなされるので深く考え込まなければ問題はないと思われる。

正直最初はあまり引き込まれる内容ではなかったが、後半はアクションあり、謎解きありで
素直に楽しめる内容であったと思う。

しかし。。
謎解きが若干大味であること
ゲイツ一族の長年の夢がたった1作で終わってしまうこと
この2点を非常に惜しく感じました。
加えてインディー・ジョーンズのようなカリスマ性をかんじることもあまりなく・・・。
繰り返し見るほどの価値はないかなぁと思ってしまうサッパリさでしょうかね。
ただ、あんなに身近なものにお宝のヒントが隠されている・・って考えると楽しくなるかもしれません。

なんか軽く見たいなぁ、と思ったときにオススメ。

おまけ
最初にほうに出てくる船のセットは『パイレーツ・オブ・カリビアン』のセットを再利用しているようです。
妙に雰囲気がよかったのでびっくり。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。