moon phase info

映画ぶった斬り!

とにかく映画を斬りまくる!ホラーは斬りません、怖いから。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
管理人的オススメ度 ★★★★☆
ちょっちゅグロい  ★★★★★
泣ける        ★★★★★
戦争系です     ★★★★★

グロ警報。グロテスクな画像、戦争系の映画が苦手な方は見ないほうがいいです。
結構グロイシーンがありますので・・・。


といいつつも、近頃見た映画で一番印象に残っている映画です。
近頃のハリウッド映画って手ごたえがある映画が少ないのでことさら印象に残ったのかも。

ここまで感動して(?)ないちゃったのはグリーンマイル以来です(;´Д`)

この映画の題材は『朝鮮戦争』
同じ民族同士の血みどろの戦いです。
あれだけ血を流して争ったのに、結局統一はなされませんでした。
それを今になって話し合いで仲良くなりましょう、といってもなかなかの難題ですよね。
でも是非話し合いで解決して欲しいものです。

<<あらすじ>>

この映画は、その悲惨な「朝鮮戦争」に巻き込まれてしまった兄弟と、その家族のお話。

兄であるイ・ジンテ(チャン・ドンゴン)は靴磨きをしながら、妻と母と弟(ウォンビン)と豊かではないが、幸せな暮らしを送っていた。
だが、突然の朝鮮戦争勃発でその暮らしは一瞬にしてなくなってしまう。そして避難中に、兄弟は徴兵されてしまう。

体の弱い弟を気遣う兄は、危険な任務に身を投じ、自分の功績を肩代わりに弟を除隊させようと努力する。・・勿論弟にはそんな気持ちは伝わらず兄弟仲には溝が・・

<<ネタバレ>>

いやー。。
よかったです。
冒頭にも書きましたが、近頃の有象無象のハリウッド映画なんかよりは抜群にいい映画だと思います。色々な意味でね。
『プライベート・ライアン』にそっくしといわれればそれまでですがそっくしと言われるだけではすませない監督に乾杯。
ただ戦争戦争戦争戦争ですのでかなり強烈なシーンが続きます。
私はグロテスクなものは別段平気ですのでたいした問題はありませんでしたが、グロ嫌いなんて人たちが見たらゾッとしてしまうかも。

特に「アカ」狩のシーンは寒気が走ります。
グロいからじゃなく、人間の狂気に。
人間ここまで恐ろしくなれるものなのかとね。

クライマックス付近の兄弟の再会シーンは思わず泣いちゃいました。
チャンドンゴンの「靴を仕上げるまで死んでたまるか」のせりふがジーンと来ちゃいましたね。
思わず涙涙です。

ただ、ちょっとそういう。。なんというか。
強引に泣かそうとしているのかな、なんてシーンはあります。
だけどどう感じたらいいのかわからないようなシーンを作られるよりは素直に見ることが出来るからいいんじゃないでしょうか。
宇宙戦争がいい例だよね。ラスト( ゚Д゚)ポカーンってしちゃったし。
ああいうのよりはわざとでもそういうシーンがあったほうが、はっきりしてて管理人は好きです。

チャン・ドンゴンもウォンビンも迫真の演技です。ホントこの人たちすげぇー(;´Д`)

しかしながら、戦争の凄惨さを思い知る映画でもありました。
「何で人を殺しちゃいけないの?」
なんて言ってるヤツは戦争いってきたらわかるよね(ぇ


オマケ
タイタニック的語りだし、語り終わり(;´Д`)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。